会社概要

沿革

昭和 9年 川端祥商会として個人創業。各種自転車用部品の製造、販売開始。
25年 商号を大阪プレス技研工業所に改め、各種ナット類の製造、販売開始。
26年 プレス製袋ナット、蝶ナットの開発、対米輸出。
30年 プレス製両面取六角ナットの開発、対米輸出。
36年 資本金500万円にて株式会社に改組、第2工場(長吉工場)新設。
37年 高速ナットブランク成形機を自社開発。
39年 通産大臣より輸出貢献企業認定表彰を受ける。
資本金1250万円に増資。
第3工場(長吉工場)完成。国内市場に一部商品の販売開始。
40年 資本金1400万円に増資。
41年 テクニカルセンター完成。国内特約店販売制度設立。
42年 倉庫および梱包工場完成。
43年 プレス製蝶ボルト開発。全品目国内販売開始。資本金2000万円に増資。
45年 藤井寺研究所開設。
46年 優良法人認定表彰受ける。冷間圧造蝶ナット開発。
47年 海外研修制度発足。
50年 前社長就任。資本金4800万円に増資。
51年 大阪府商工部より藤井寺研究所緑化コンクール銀賞受賞。
南港工場完成。優良法人再認定表彰受ける。
52年 営業本部を南港に移設。長吉倉庫部発足。
53年 圧造蝶ボルトの開発。
54年 南港本部会議室完成。コンピューター導入(IBM)
56年 セレーション皿バネ付六角ナット(SOLN)開発。
優良法人再々認定表彰受ける。
57年 設備更新着手、NC工作機導入。藤井寺研究所、造機用工場増設。
58年 南港倉庫(立体自動倉庫)開設。
藤井寺研究所にCAD導入。トランスファーロボット1号機開発。
60年 BDワッシャー付ファスナー開発。国内市場の強化拡大策の実施。
61年 優良法人第4期認定表彰受ける。
62年 南港第2工場開設。
63年 社名を株式会社オー・ピー・ジに変更。
平成 1年 コマツエンジニアリング(小松製作所関連エンジニアリング会社)と業務提携を結ぶ。
ステンレス製プレス蝶ボルト開発。
3年 第2倉庫(国内梱包)開設。自動梱包ライン並びに自動研磨ライン設置。
4年 優良法人第5期認定表彰受ける。
10年 優良法人第6期認定表彰受ける。
11年 南港本部ISO9002認証取得(JQA-QM3836)
12年 出荷商品バーコード管理導入。
14年 チタン製プレス蝶ボルト開発。
15年 南港本部ISO9001(2000年度版)マネジメントシステム認証取得
(JQA-QM3836)
新役員体制。 大阪府商工労働部 経営革新企業認定。
16年 特殊溶接設備導入(High Max)。
17年 極小BDワッシャー開発(M1.0・M1.2・M2.6)、製造販売開始。
18年 パニエン型ワッシャー開発。
総合品質管理業務開始。ISO 14000キックオフ。
19年 新型サーボプレス、本格稼動開始。
自社開発画像検査機、本格稼動開始。
20年 2008年5月 ISO 14000 認証取得(JQA-EM6119)
23年 6月 現社長就任。
立体自動倉庫を新鋭機に入替え。
25年 新型タッパー導入。
26年 創業80周年を迎える。継続して設備導入(プレス、タッパーほか)
27年 蝶ボルト用 第2工場を新造。